読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エレガントセレブのメイク術&写真修正術

エレガントセレブたちのニュースを配信中。

『E.T.』の脚本家が亡くなった

『E.T.』と『崖の上のポニョ』の英語版を作った脚本家メリッサ・マシスンが、11月4日にロサンゼルスで亡くなりました。

彼女が患っていたのが神経内分泌がんで、1950年生まれの享年65歳だったとCBSニュースや多くの海外メディアが報じました。


当作品の監督がメリッサのことを「E.T.に楽しい心を与えてくれた」「E.T.みたいに寛大で愛の溢れた持ち主だった」と、感謝の気持ちを込めてコメントしました。

逆に、元夫のハリソンはまだコメントしていないそうです。


彼女は生前多くの脚本賞にノミネートしましたが、大ヒットした「E.T.」では受賞を逃しました。

メリッサとハリソンは1976年に知り合い、1983年に結婚、今は2人の息子もいます。

ですが、夫の女遊びがきっかけで2004年に離婚し、レブ界史上最高額の慰謝料が発生したことで話題になりました。


そのハリソンが2010年にキャリスタ・フロックハートと再婚しました。

元夫であるハリソンはきっと彼女を愛してなかったので、何のコメントもできなかったのではないでしょうか。


(参考資料:cinemacafe.net YAHOOニュース/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151106-00000010-cine-movi)